渋谷チャットレディ求人と接客術

ガールズバーもキャバクラと同様に30~120分の間男性客についておしゃべりします。キャバクラと違うのはお客さんの真横につくわけではなく、カウンター越しに接客することです。話しながらお酒を飲んでどんどん加算していき男性客にお金を使わせます。最近店舗数が増えてきており、注目のお店です。キャバクラと比べると比較的若くてフランクな女の子が多く在籍しており、同伴といったものもなく、お店の中だけのサービスになっています。ただしお客さんからたまにLINEの交換を求まられたりしますので、断らずに対応してアフターサービスすることもガールズバー嬢にとっては大事な接客になります。
こういったことは渋谷チャットレディ求人に応募するときにも役立つでしょう。
ガールズバーに来るお客さんもキャバクラと違ってリーズナブルでラフに女の子と話せるということで来ていますので、女の子側も自然体でいれば大丈夫です。そのため気軽に始めやすく、「水商売」という認識もないまま始めるような女の子も多いようですね。
ただそういうスタンスのお店ですから、逆に接客とプライベートをどう分けるかという部分で少し迷うかもしれませんね。キャバクラだと形式的に丁寧な接客をすればよかったのですが、ガールズバーの場合は素の女の子でありながら「店員」でなくてはなりません。素の自分で行き過ぎるとお客さんによっては失礼にあたりますし、度が過ぎると嫌われて指名されなくなってしまいます。かといってキャバクラのような接客をすれば「何か違う」と思われるし・・・難しいものです。
基本的には素の女の子を見せればいいです。ただし気遣うところは気遣う。そんな接客術がガールズバーには求められます。

スナックやバーはよりアットホームな感じというか、より庶民的に近い料理でもてなしてお酒等を一緒に飲んで打ち解けて楽しむといった感じに、接客の種類としてはキャバクラ、でもリピーターにはくだけた感じに対応するのがコツでしょうか。スナックやバーは年齢の高い女性スタッフが接客されたりしていますが、あの熟練の接客術は風俗嬢も見習うべきところがありますね。自分のお店だからこそできる自由度の高い接客ではありますが。そういった工夫の仕方を風俗に落としこむことも可能です。
スナックには「ボトルキープ」といったシステムがあり、飲み放題とは違ってお酒単体でお金を払ってもらうシステムです。スナックやバーはキャバクラのように高額な料金を請求することはありませんから、リーズナブルで何度も来たくなるような料理・接客・雰囲気を提供することが大切です。特に独身の男性なんかはママと話をするために毎日通うような人もいるくらいですから、お客に飽きられないキャラ作りなどを心がける必要がありますね。まあ、元々が個性的なママさんが多いのも事実ですけど。
渋谷チャットレディ求人に応募してしっかり稼ぐには、そういった親近感を出して画面を見る男性がより自分を身近に感じてくれるようにすることが必要となります。

関連記事

渋谷のチャットレディ求人と移籍

池袋チャットレディ求人とジャンル

チャットレディとビジネス

チャットレディとデリヘル

チャットレディ求人と稼ぐための方法

錦糸町チャットレディ求人にまつわる小話